図書館連携

【このページは図書館様向けの暫定版です。内容を変更する場合があります。】

  • ​大学図書館、公共図書館、専門図書館、企業内図書館などと提携し、図書館の蔵書をデジタル化します。​​​

    • ​図書館の電子化(DX:デジタル・トランスフォーメーション)を裏で支えます。

  • 閉架で眠っている書籍に、デジタルの光をあて、利用者のPCやスマホで容易にアクセスできる場所に置きます。

    • イーストが無償でデジタル化する「一括制作」と、制作費をいただく「個別受託」があります。

    • 一括制作の場合、ジャンルや出版社などでくくり数十~数百冊程度、まとめて頂けると助かります。

  • ​デジタル化することにより絶版がなくなり、将来に渡って閲覧できるようになります。

    • 紙はいつの日か朽ちていきますが、デジタルで永遠の命を得ます。​

  • デジタル化した書籍は、正確な目次(しおり)付きPDFをご提供します。​

    • 館内ハードディスクに入れ図書館員様のレファレンス用としてお使いいただけます。​​

    • 個別受託の場合、図書館ホームページからの一般公開も可能です。

    • 一括制作の場合、販売パートナーである下図の電子図書館サービス会社から貴館電子図書館に配信可能です。

関連リンク:電子復刻 技術雑誌 電子復刻​ 著作権処理 制作実績

図書館様へのお願い
  • 除籍(廃棄)予定や閉架で広いスペースを占有し困っている書籍があれば、fukkoku@est.co.jp までご連絡ください。

    • 電子図書館サービス会社と「電子復刻:一括制作」(無償)を検討します。

    • ​イーストが廃棄業者となり、責任を持ってスキャン後、本を溶解します。(図書館様と契約書を締結します)

    • ​書籍への書き込み、切り取りなどの確認をお願いします。(イーストでの代行も検討可能です)

      • ​蔵書印や書き込みの消去、切り取り頁の復活などはイーストが無償で行います。

    • 1940年代の資料は紙質が悪く、裁断スキャンが行えない場合があります。

    • 特に版元が消滅した書籍は入手が難しいので、優先してデジタル化させていただきます。

    • 雑誌は権利者が多く、対応できない場合が多いのですが、一部、無償対応しており、お問い合わせください。

    • 良書をデジタル化して、絶版や入手困難がない世界に入れる活動への協力をお願いします。

  • 地域資料など貴館固有資料のデジタル化や権利処理(著作権許諾)の「電子復刻:個別受託」も行っています。

    • ​​別途、単価表を用意していますので、お問い合わせください。

  • 裁断しスキャンしますが、返却します。ご希望があれば再合本や再製本も可能です。

  • ​以下の図の通り、一括制作では、出版社や著者との交渉も担当します。